ページの先頭

公明党鈴鹿市議会ホームページ

公明党鈴鹿

HOME » 実績 » 船間涼子議員

プロフィール

船間涼子議員

横断歩道の待避所が安全に!

明生小学校通学路で、毎日子どもの安全を見守って下さる方より、横断歩道の待避所のガードレールが破損しており危険との指摘があり、担当部局に連絡し、早速、新しく付け替えて頂きました。
横断歩道の待避所が安全に!
明生小学校通学路ガードレール


通学路の危険箇所を改修!

飯野小学校通学路の登校を見守る中、排水路の蓋側面の崩落により、子どもの足が入ってしまう程の穴が開いており、担当部局に連絡し、穴を埋める改修をして頂きました。
通学路の危険箇所を改修!
飯野小学校通学路危険個所


安全確保のため、ポールを設置

飯野小学校の通学路における、危険箇所の一つである、県道亀山鈴鹿線の点滅信号機の待避所に、子どもたちの安全確保のために、ポールが設置されました。
この場所は危険度が高く、保護者の方々から心配と要望が多い箇所でした。交通量も多く、信号に気づかず止まらない車が多発し、信号や標識、ガードレールなどの安全対策を講じて欲しいとの声があり、担当部局に連絡して対応頂きました。
安全確保のため、ポールを設置


見通しの悪い交差点にカーブミラーを設置

高塚町の住宅地に隣接する交差点は、車の横行が多く見通しが悪いため、危険でした。地域の方から相談を受け、自治会長と共に担当部局に対し、早期に安全対策を図るよう要望し、この程カーブミラーが設置されました。
見通しの悪い交差点にカーブミラーを設置


道幅の狭い道路に標識を設置

県道から三畑町の住宅への道を大型トラックが通行し、住宅の壁に接触したり、歩行者の危険もありました。近隣住民の方々からの相談を受け、担当課に依頼し標識が設置されました。
道幅の狭い道路に標識を設置


このページの先頭へ